修正ページ2

bim

 レブロは、部材情報(機器の属性)をCSV形式に保存することもできます

また、部材情報を読み込みすることもできます。

 この部材情報とは、機器の機器番号とか、機器の能力・型番などです

あらかじめレブロ側で入力しなければならいのですが。。。
これが、結構手間のかかる作業なのです。

 でもBIM・FMでは、属性を入力しないことには始まりません。

レブロは、機器情報を検索してCGで表示することができます。

レブロはこの情報をCSV形式に保存してくれて、また取り込む機能があります。

CSVをエクセルで開くとこんな感じ ↓

 エクセルで開くとデーターベースのように整ってないので、この情報を変更・追加・削除したりすることがちょっと大変です。

 

kiki

   【機能】

    ●レブロファイルの機器情報CSVファイルをエクセルに取り込みデータベースを作成

    ●エクセルのデーターベースから入力・編集・項目の追加

    ●機器番号の重複チェック

    ●半角・全角のチェック

    ●エクセルデーターをレブロが読み込めるCSV形式に変換

    ●WEB型番検索機能

saikuru

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【データー読込み後の一覧】

レブロから部材情報を保存し、そのファイルをエクセルツールから取り込みと、

こんな感じでエクセル一覧になります。

この一覧から、項目の内容をエクセルの機能をつかって、効率良く入力していきます。

また、項目を追加することもできますので必要な項目を追加します。

 

【データーCSV変換】

しっかりとしたデーターができあがったら、レブロが読み込めるような形に変換し、CSVファイルに変換します。

 

【活用事例】

  ●レブロのデータの見える化(BIM・FMデーターの確認)

  ●機器情報のデーターの統一化(半・全角・脱字)

  ●不要項目の削除

  ●レブロ側で機器番号さえ入力していれば、その他の情報は、エクセルから入力でき、レブロがなくて
    も作業できる

  ●入力は、他の方に依頼することができる

  ●竣工データーでのデーター確認や、修正が効率良く進められる

  ●風量計算のデーターベースができる

  ●エクセル機能を使って効率よく業務をこなせる(フィルター・並べ替え・ピボットテーブル機能)

  ●図面の機器表をエクセルで作成して、レブロに貼り付けれる

などが考えられます。

 

動作環境

Windows版 EXCEL(2010・2013)

 

【サンプルファイル】

CSVデーターを一覧にする機能のサンプルファイルを下記からダウンロードできます。

一覧にできる行数を制限してあります。(20行)

 

サンプル版ダウンロード  dl_off

 

【販売価格】
kakaku

 

●メールでのお問い合わせはこちらから   問い合わせをする

●電話でのお問い合わせは  046-205-9906

担当 渡邉顕志

 

■こちらのページも効率化関連です  

冷媒数量計算マクロ ダウンロード  dl_off

 

 

 

   

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ