レブロにて見栄えのよい部材作成と機器情報入力します

omakase

teian

レブロの、システム部材に無い部材は、3D部材を作成することができるのです。

レブロの部材登録は、そんなに大変ではないですが、いろいろな工程をふんで登録するので、少し慣れが
必要です。 そして3D部材作成は、細かいところまで作成するとキリがありません。

図面を検討するときに部材が無いとモチベーションが上がらず、納まり検討の時間が割かれ、部材作成に
追われてしまうことがあります。

melit1

・弊社では、施工図を作成する図面屋ですので、レブロのシステム部材が無いときや、システム部材よりも
 細かく表現したいときは、弊社で部材を作成し施工図を完成せさて納品することができます。

・今まで作成してきました弊社の部材作成のノウハウを活かし、部材作成業務を依頼していただければ、
 部材作成時間を納まり検討時間に生かすことができる。

advice2

部材サンプル

弊社で過去施工図作成時に作図しました部材データーです。

buzai4 buzai1 buzai2
【電磁弁】 【フィルターユニット】 【ボイラー】
buzai6 buzai9 buzai10
【集合管】 【補給水タンク】 【増圧ポンプ】
buzai8 buzai11 buzai5
【脱水機】 【VAVユニット】 【バルブ付減圧弁】
buzai7 syuugoukan
【厨房流し】 【集合管架台】

上記のようなの部材作成となります。部材作成には、下記の作業も含まれます。

・配管・ダクト接続点
・塗領域の作成
・扉は、開いた状態・閉じた状態どちらでもオーダー可
・下図のようにレブロのユーザー部材にフォルダ毎にキチンと整理し登録します。

touroku

※部材でも、ボイラなどの配管むき出しの部材は、作業時間がかかりますので、
 今のところ、
1部材幾らと設定できないので、一度お見積をご提出いたします。

機器情報

また、設計図の機器リストの横に部材を配置し、必要なプロパティデーターを配置することも可能です。

プロパティ情報は、

・機器番号
・能力
・設置場所

をプロパティに入力し、納品することも可能です。(見積時に入力項目数ご指示ください。)

touroku2

※物件を受注した段階で、早めにご依頼いただけると、スムーズにプロット図・施工図
 
業務が進められると思います。

既存の設備の機器3D部材

改修工事の場合で部材を作ろうとしても古い機器・器具の承認図が無いまたは、PDFしか無いという状況かと思います。
弊社では、写真と現調した寸法図だけでも、その情報で読み取れる範囲の作成で宜しければ作成は可能です。一度ご相談ください。

例)
buzaisakusei1

●PDFデーターの2面から作成

基本 CMYK

提案の資料に使っても、差し支えない程度に作成します。

見積もり依頼

mitumor1

見積もり依頼していただくときに必要な情報

 ・機器・器具の型番(設計図の機器リストでも参考型番が明記されていれば可)
 ・希望納期
 ・改修の場合は、写真・寸法がわかるような情報(ご相談時に、こちらからご説明します。)

見積もりと一緒に納期もご連絡いたします。

正式に部材作成委託するときは、新築の場合、承認図のCADデーターと能力などがわかる承認図の
PDFデーター両方のご用意をお願いします。

問い合わせ先

irai

 

★メールでのお問い合わせはこちらから

問い合わせをする

★電話でのお問い合わせは

046-205-9906 担当:渡邉

 

dairiten

詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ