3次元CAD レブロ販売・運用サポートのご案内

rebro3

 

 ㈱エイ・エス・シーはレブロ販売代理店及び運用支援を行っており、私もレブロユーザーです。

現場を知っている図面屋が、実務レベルでのサンプルデーターにて御社の物件にあった『デモ』をいたします

例えば、マンション工事が多いという会社では

   ・マンションの部屋内のデーター(衛生・換気・空調)

   ・メーターボックス内

   ・ピット配管

   ・外構配管

   ・屋上機械廻り

   ・受水槽廻り

など、こういう物件・場所ではどんな感じになるの?、操作は楽なの?、スリーブ図は?・数量拾いはどんな感じで

出力されるの?

など、ご説明することができます。

また

   ・今のCADと違いを比べたい

   ・他社とのCADとの互換性を知りたい

       ・ こういうことをしているけどこれはできる?

という方も、今までいろいろなCADを実際に使ってきました経験より渡邉がご説明いたします。

 

●メールでのお問い合わせはこちらから   問い合わせをする

●電話でのお問い合わせは  046-205-9906

 

 -導入のご支援

今まで、いろいろな設備CADにて業務をこなしてきましたが、現在ではレブロが一番使いやすいです。
エイ・エス・シーは施工図を主に作成する業務をしており、3次元モデルにて納まりを検討し、その後、
紙ベースの図面(寸法・レベルなど)にします。

2.5次元CADとは違い、平面の寸法を変更すれば、図面上の断面の寸法やサイズも変更されます。
なので今までは平面図の高さを変更したら、断面図も修正していましたが、その作業が無いので修正が早いし、安心です。

ただ、便利だけれども、データーはしっかり作り込まないと業務内容によっては、
逆に時間がかかります。

はじめの一歩を間違えて覚えると、レブロを使いこなせなくなってしまいます。
そういった部分のサポートをエイ・エス・シーはサポート内容に取り込んでまいります。

今後3次元CADレブロを使って、

  • 効率よく図面を書きたい。
  • BIM・FMに対応して部材情報をいれて活用したい。
  • 3次元を使って打合せをしたい
  • 加工管の帳票をつくりたい

など考えている方にはお勧めできるCADです   メーカーHP →  nyk_logo 


私が他のCADから乗り換える時に、いろいろ失敗し感じたのは・・・

『操作ができても、実務をこなすには、それそれの実務にあった設定・データーの作り方を知る必要がある』というところです

そういったところでレブロを購入していただいた方には導入後のデーター作成のコツをアドバイス致します。業務ごとにレブロを習得する優先順位もちがいますのでそういった運用に関する進め方もご相談ください。

エイ・エス・シーは
購入していただいて終わりではありません。
★購入後のご相談もいたします。

 

★★★★★★★ ご購入のお客様への特典 ★★★★★★★

  •  レブロ図面サンプル(購入者様の業務に沿うような物件をピックアップ)
  •  機器情報一覧ツール(エクセルVBA) 

     ㈱エイ・エス・シーが独自に作ったレブロの機器データーをエクセルで表にするツール

詳細は、こちらをご覧ください。

  •  初期設定ファイル

以上、上記3点をご購入者様の特典としてプレゼント!!

 

 

●メールでのお問い合わせはこちらから   問い合わせをする

●電話でのお問い合わせは  046-205-9906

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ