レブロのエクセル拾い集計表をデーターベースに変換する

ちょっとタイトルが長いですが、

レブロで拾い集計をすると、見やすい書式で出力してくれます。

reb_hiroi_1      

 

この集計表は、非常にありがたいのですが、

現場では、逆にデーターが列挙されたデーターベースの方が、

エクセル機能を使って、分析または、個々のオリジナル内訳書に

転記したい場合に重宝します。

そこで、拾い集計から、データーベースをつくるツールを作成しました。

reb_hiroi_11

 

 

レブロでの集計表を

reb_hiroi_2

 

 

 こんな感じに、データーが列挙され、テーブルを設定してあります。

データーは、別シートに作成され、隣にレブロの集計表をコピーしてありますので、確認ができます。

 

reb_hiroi_8

 

ここまでできると

エクセルの本来の機能が発揮されます。

例えば、レブロは管種を関係なくサイズで集計し保温の数量算出ように合計を知りたい

ときは、ピポットテーブル・フィルター・テーブルの機能が役立ちます

 

簡単に説明しますと

[1]ピポットテーブルで集計する方法

エクセルメニューの 【挿入】-【ピポットテーブル】または【おすすピポットテーブル】をクリックします。

reb_hiroi_4

 

OKボタンをおし、フィールドの設定をします。 

 

 reb_hiroi_9

画像クリックして設定を参考にしてください。

区分を配管に設定しますと

配管のみが表示されます。

この表により保温する管種の合計を読み取ります。

 

 もし

サイズ呼称がSUとA表記を関係なく集計するには、

集計する前にDATATBLシートのサイズを置き換えする必要があります。

 

CTRLキー+F をおして置き換えます。

 

reb_hiroi_7 

 

20SUを20Aに置き換えしピポットテーブルを作成すれば可能です

 

また、名称ごとにシートに転記する方法もピポットテーブルの値のセルをダブルクリックすると作成されます。

 

[2]テーブルとフィルターを使う方法

すでにテーブルの設定をしてありますので、SUBTOTAL関数を設定するだけです

 

reb_hiroi_10

1行目のG列のサイズにて、150Φでフィルターをかけて

スパイラルダクトの150Φの数量を集計してみました。

 

B1セルの名称1でレブロ側で設定されていないデーターがあったのでB203セルに『未設定のダクト』がわかりますね

集計すると自分の作ったデーターがおかしいのがわかり、修正することによって、モデルデーターの精度が上がります

 

便利ですよね。

 

実務では、集計して終わりではありません。

そのデーターを活用し、もっとレブロデーターの価値をみんなで高めましょう!!

 

 

ダウンロードは、下記からお願いします。

EXCEL 2013で作成

EXCEL2007以降のバージョンで動作します。

 

一度、PCに保存してから、お使いください。

ファイルを開きましたら、マクロを有効にして操作してください。

 

dl_off

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ