7:自分だけの設定を保存しましょう

ショートカットキーを設定したら、必ず設定を保存しましょう。せっかく時間かけて設定したのに元に戻ったら大変です。

■設定の保存方法
まずCad We’ll Tf@sを起動している場合は、閉じてください。 Windowsのスタートボタンを押しCad We’ll Tf@sのプログラムのフォルダを開きます。

kankyou_1

TfasⅢ 環境保守を開きます。
そうするとしたのようなダイアログがでてきます。
kankyou_2

そうすると作業項目の選択がでてきますので、今回は、保存にチェックを入れ『次へ』ボタンを押します。
kankyou_3

保存先を参照ボタンを押して指示し、『完了』ボタンを押します。
kankyou_4

 

■設定の呼び出し存方法
今度は、先ほど保存したファイルを呼び出して設定します。パソコンが変わった時や、再インストールした時に依然の設定を呼び出す方法です。他の人が設定したある項目(いいところ)だけを設定する事も可能です。
また保存と同じように環境保守を開きます。

kankyou_1

次に下のようなダイアログがでてきます。
kankyou_2

ここで設定を選択し次へボタンを押します。
kankyou_5

その後、設定を開くファイルを参照から選択し次へボタンを押します。

kankyou_6

次に設定する項目を選択します。初めは、すべてチェックされた状態です。
すべてを変更したい場合は、この状態で、完了ボタンをおしてください。
ショートカットキーだけを設定したい場合は、ショートカットキー項目のみチェックをすれば、ショートカットキーのみの設定が可能です。
チェックが終われば、完了ボタンを押すと設定が読み込まれます。完了するまで少し時間がかかるので、あわてず待っていれば、『完了しましたの』メッセージが出てきます。
必ず設定は、保存してください。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ