3:キー一覧の活用方法

ショートカットキーダイアログのキー一覧のボタンを押すと現在割り付けてあるショートカットキーが表示されます。

shotokatto3

  • そしてリストを選択し、『Ctrl』+『Aキー』もしくは、リストを右クリックして『すべて選択』を押します。
  • そうするとリストが全部選択されますので、『Ctrl』+『Cキー』でコピーしてください。クリップボードにコピーされました。
  • 一度ショートカットのダイアログを『閉じる』ボタンで閉じてください。
  • そうしたら、Tfasでもエクセルでもワードパットでもよいので、『Ctrl』+『Vキー』で貼りつけしてください。(マウスで右クリックしてコピペしても同じです。)

 

あとは、自分用にアレンジしてディスプレイの隅に貼るなどして、目に見えるところに表示すると早く覚えられると思います。 下記に私が、設定してあるショートカットキーを紹介します。図面の用途や業務によって頻繁に使うものは、違うとはおもいますが参考程度にしてください。
★印にて、よく使う頻度を表しています。

watabe_key

もともとTFASで設定されているショートカットキーもあります。

defolt_key

私も図面を書きながら、必要なものを登録してきましたので、一度に全部は、難しいとお願いもいますが、徐々に設定してみてください。

 

次へ進む ⇒ 4:Windowsのショートカットキーも使おう

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ